華の会メールブライダルの基礎情報

項目 解説
サービス名 華の会メールブライダル
運営会社 インターワークス株式会社
サービス開始日 1997年~
対応デバイス・OS PC、iOS、Android
問い合わせ info@hana-mail.jp

創業21年という古い歴史のある老舗婚活サイト。30歳~中高年・熟年と大人の出会いを応援します。男女とも登録無料なので、今すぐ気軽に利用することができて便利です。

華の会メールブライダルの総合評価

項目 評価 評価
会員数 ★★☆☆☆ 大手婚活サイトに比べると会員数は少ない。
マッチングのしやすさ ★★★☆☆ 30歳以上で、ある程度の年齢になっても婚活が可能。真剣に出会いを求めている人が多いため、マッチングしやすい。
安全性 ★★★☆☆ TRUSTe認証※・電話番号認証で安全性が高い
サービスの知名度 ★★☆☆☆ ブライダルネットなどに比べると知名度は落ちる
利用者の婚活・恋活意識 ★★★★☆ 30代以上の中高年・熟年層が対象なので、再婚相手など真剣に考えて登録している人が多い
コスパの良さ ★★★☆☆ 月額ではないものの、利用に応じてポイント課金されるので、高いか安いか個人的価値観の違いがある

華の会メールブライダルは、30歳以上からの登録なので、大人の男女の出会いができるとして話題。40代・50代と年齢を重ねるごとに恋愛・結婚に消極的になってしまっている人たちの出会いの場です。電話番号認証による身元確認がされているので安心。

また、男性会員はポイント制なので、利用した分の費用になることから、うまくサイトを利用することでリーズナブルな出会いにめぐりあえるかもしれません。

※第三者が信頼できるサイトかどうか、審査をして適性と認定されたサイト。

30代以上で大人の出会い!本気の婚活なら華の会メールブライダル

華の会メールブライダルは、30歳以上が対象で中高年・熟年層が多いのが特徴。さまざまな人生経験をつんできた会員層が多いので、再婚相手など本気で婚活を考えている割合が高いのです。

華の会メールブライダルの登録者・利用者

項目 男性 女性
会員数 19万8,000人 10万2,000人
男女比 66% 34%
年齢層 30代~70代の利用者が多い 30代~70代の利用者が多い
年収 300万~1,000万以上 非公開
タイプ
  • 紳士的な男性が多い
  • 趣味をもっている人が多い
  • 真剣交際を希望している人が多い
  • 人生経験豊富な女性が多い

華の会メールブライダルの男女比を見ると、男性会員の方が多いようです。30歳からの利用ということで年齢層も高く、30代~70代と幅広い世代の利用者がいるということで話題。若い世代がいないことで、大人の出会いができるため、落ちついたおつきあいがしたい人にぴったりです。

男性の利用者層

50代/会社員

中高年対象の婚活サイトは数が少ないので、とても貴重な存在。利用する分、料金がかかるのが難点だけど、同世代のステキな女性に出会えるのでうれしい。

50代/管理職

年齢層が高い世代が多いので、人生経験豊富で前向きな男性会員が多い。一緒に話をするだけでこちらも楽しくなってくる。このサイトでよきパートナーを見つけたい。

40代/証券会社勤務

バツイチだけど、かわいくて明るい女性とめぐりあえた。同年代で癒し系の彼女に出会って、明るい陽射しが入ったような人生に変化。単なる出会い系サイトでないことが分かった。

40代/会社員

離婚歴があり、もう結婚なんて無理だと思っていた。しかし、仕事と家の往復でさみしさを感じ、華の会メールブライダルに登録。同年代の女性が多くて、趣味などを通じてメールの交換をくりかえし、実際に会ったら思った通りの人で交際スタートしました。

50代/会社員

婚活サイトって若い人ばかりのイメージだったけど、30歳以上で私よりも年上の人も多くてびっくり。若い人に話を合わせることなく、落ちついてコミュニケーションがとれるのがうれしい。

上記のような口コミが多くみられ、大人の落ちついた出会いに強いと言えるでしょう。ある程度年齢層が上がってしまうと、どうしてもネットでの出会いは限られてしまい、なかなか出会えずに諦めてしまう人も多いのですが、中高年・熟年層が中心なので、同年代との婚活にぴったりです。

安定した職業の人が多い

特徴 華の会メールブライダル ピュアアイ
年収や職業 会社員・管理職・専門職・社長など 会社員・アルバイト

30代/OL

真面目で、年収も職業もしっかりしている男性が多い印象。会員数が多くても、質が悪い出会い系サイトと比べると、華の会メールBridalは会員数が少なくても質がしっかりしていると思う。

30代/OL

華の会メールブライダルは落ちついた紳士的な男性が多く、安定した職業が多いイメージ。メールの交流から始まり、デートを重ねるたびにステキな人に出会えたと感謝している。大人の婚活サイトだから、落ちついて利用しやすいのだろう。

30代/幼稚園教諭

30代以上の婚活者限定サイト。実際利用してみると、思っていた以上の反響で、中には某会社の社長さんもいてびっくり。女性は無料なので申し訳ないけど、やっぱりおすすめの婚活サイトです。

40代/証券会社勤務

仕事の意欲がある独立した女性に出会えるサイト。主婦として家庭内に収まるのではなく、社会人として地位のある女性に出会えたのが、このサイトを利用したメリットだと思う。

40代/会社員

年齢設定が高いので、フリーターや無職があまりいないので安心。結婚相手はやはり男性は安定した職業の人に限るので、こういったサイトは希少価値が高いと思う。

40代/会社員

最初、「華の会メールブライダル」という名前に少しうさんくさい感じがしたけれども、登録してみると同年代も多くて、趣味など話が合う人が多い。安定した職業で自立した女性が多いので、対等につきあえる。

上記のような口コミが多くみられ、安定職業性に強いと言えるでしょう。ひと昔前は、家庭の大黒柱である男性の社会的身分や収入に重視した婚活を意識したサイトが多くありました。

しかし、男女雇用均等法が設立された今は、多くの女性が男性同様の条件で働く時代。独立した考えをもつキャリアウーマン的な女性会員も多数登録しているようです。

他者と比較して運営の信ぴょう性や安全面が高い

特徴 華の会メールブライダル ガールズマップ
安全性・信頼度 ★★★☆☆ ★★☆☆☆

40代/会社員

真面目に運営している婚活サイト。30歳を過ぎたころから結婚に焦りを感じて登録した。現在、アラフォー女性とのやりとりをしていて交際に発展しそう。

40代/会社役員

登録してから架空請求などがこなくて安心して婚活に専念できる。他のサイトに登録されることがないので迷惑メールがこなくて安心。

40代/専門職

今まで結果が出なかった人にぴったりの安心安全サイト。継続することでいい人に出会えるチャンスが増えると思う。実際に私もこのサイトで理想の女性に出会うことができたので、継続は力なりは本当ですね。

40代/OL

ネット婚活に疑問をもっていたけど、人生がよい方向に行くきっかけをくれたサイト。「本当に出会えるのか」と疑問をもちながら登録したところ、同年代で趣味が同じ異性にめぐりあえた。お互い一目ぼれで惹かれあって、華の会メールブライダルに感謝。

40代/OL

顔が分からないもの同士が出会うのでとても心配だったが、しっかりメールで話ができてから直接会えるし、同年代が多いので話も合う。ステキな相手を見つけることができたので信頼できるサイト。

40代/OL

登録のときに年齢確認証明・電話認証されるので身分がしっかりしていて安心安全。誰が登録しているのか分からないからこそこういう対策は必要だと思う。

上記のような口コミが多くみられ、サイトの安全性が強いと言えるでしょう。一方ガールズマップは、日本最大級の完全無料の婚活サイトですが、年齢層が20代~30代と若年層が特徴。

まだまだ遊びたい、軽い気持ちで会いたい、サクラなどポイント稼ぎの女性がいる可能性も高く、安全性・信ぴょう性からすると、大人の出会いが楽しめる華の会メールブライダルがややリードしています。

華の会メールブライダルの運営会社は、17年という老舗会社で、ヤフー・goo・ニフティといった大手ポータルサイトの審査済み。決済もクレジットカード・Tポイントカード・楽天・コンビニと大手企業の審査を通して行うので、信頼性が高いです。

口コミからわかる華の会メールブライダルのデメリットや弱み

男性会員は利用料金が少し高い

特徴 華の会メールブライダル ブライダルネット
月額料金の有無 無(ポイント制) 1か月プラン:月額3,980円(税込)
3ヶ月プラン:月額2,880円(税込)
6ヶ月プラン:月額2,160円(税込)
12ヶ月プラン:月額1,650円(税込)

50代/会社員

他のサイトに比べると、料金が高い。月額ではないポイント制だからお得かと思いきや、好みの女性に出会うためにはかなり金額を使うので、固定制の方がお得な気がする。女性のプロフィール閲覧で20円はかなり高いと思う。

40代/証券会社勤務

毎月決まった金額の固定制サイトの方がよい。お金がかかる上に、出会えるチャンスもなかった。理想が高いのかもしれないけど、料金固定の方が毎月決まっていて、お金の心配をする必要がない。

40代/会社員

40代以上のパートナーを探している人にとってはぴったりの婚活サイト。年齢がネックになって出会いがないとあきらめていた自分にとっては理想的ですが、ちょっと不満をいうと、男性側はポイント制で、利用するたびに課金されてしまうのがいやです。固定料金を希望します。

50代/自営業

本気で出会おうとすると使いすぎて料金アップしてしまうところが難点。せっかく中高年者が出会う数少ない場なのに、料金がかさんで気になって楽しめないのは残念なので、月額固定料金にしてもらえたらうれしい。

50代/会社員

ポイント制は利用した分だけ課金されるシステムだけど、すぐに理想の相手に出会えればお得。しかし、なかなか会えずに利用料金はあっという間に大量課金されて、結局一般的な月額制度のサイトよりも高くついてしまった。

60代/自営業

大人の出会いサイトといわれるだけあって同年代と知り合えるのはよい。しかし、男性会員だけが有料というのは少し納得できない。婚活サイトなのだから同等の立場での利用が基本だと思う。

上記のような口コミが多くみられ、本気で出会うには固定料金よりも費用がかさんでしまうかもしれません。せっかく理想の相手にめぐりあえても、メール閲覧や送信などで男性会員は課金地獄に。

毎月決まった金額で思いっきり出会いたい、月額固定制度を望んでいる華の会メールブライダル会員は意外と多いようです。

会員数が多くない

特徴 華の会メールブライダル youbride(ユーブライド)
会員数 30万人~ 100万人~

50代/会社員

登録者数が30万人~と一見すると多くみられるが、実際はあまりいない印象。自分だけかもしれないが、あまりメールが来ない。中高年専用サイトとしては表記された登録者数は多いが、実際に稼働しているのは少ないのかも。

30代/会社員

30代の登録者数が少ない。30代~70代と幅が広い年齢層が売りの婚活サイトで、中高年にとってはよいかもしれないが、30代の自分としては、同年代の女性ともっと知り合いたい。

50代/会社員

登録数30万人といっても、お小遣い稼ぎの女性が多いのではないかと思う。もちろん、真剣に出会いたいと思っている人が大半かもしれないが、中には出会い以外の目的で登録しているかもしれない。

40代/証券会社勤務

既婚者もOKなので、浮気や不倫目的で登録した人も多そう。登録料無料の婚活サイトは、結婚とは違う目的の人も多くなると思う。登録して3か月目だけど、「旦那に内緒で」という女性が数人いた。こちらは真剣に結婚相手を探しているので、そういう目的の人はちょっと迷惑。

50代/会社員

同年代の出会いを求めていても、一般的な出会いサイトは自分よりも若い人が多い。しかし華の会メールブライダルは本当に同年代に出会うことができた。ただし、理想の相手に出会えるまでかなりお金も使ったし、こちらからのプッシュばかりだったのでもう少し会員数を増やしてほしい。

50代/会社員

女性は無料なので登録人数は多いのかなと思っていたが、掲示板に投稿しても思ったよりも来ない。人数が多ければよいというわけではないが、少しは出会い率も違ってくるのかもしれない。

上記のような口コミが多くみられ、会員人数が他社大手婚活サイトよりも弱いと言えるでしょう。30万人は、一般的には極端に少ないというわけではありません。それでも大手に比べると少なく、サクラやとりあえず登録だけという幽霊ユーザーを除くと、結局アクティブに婚活をしている会員はしぼられてしまうのです。

会員数だけに惑わされず、口コミサイトなどから実際に参加している生の声を聞いて、最終的に自分の判断で、華の会メールブライダルに登録してみましょう。

若い世代が少ない

特徴 華の会メールブライダル マッチ・ドットコム
会員の年齢層 30代~70代 20代~40代

30代/OL

同世代の男性が少ない。年上は嫌いではないけど、好きな音楽などの共通の話ができるのはやっぱり同世代。そう考えると、華の会メールブライダルは、30代があまりいないのが難点です。会員数をもっと増やして、若年層率を上げてほしい。

30代/専門職

中高年中心のサイトなので、若い世代が少ないのは仕方ない。しかし、中には遊び感覚で若い女性を狙う中高年男性もいる。実際に軽いノリで体目的のメールが届いてちょっと引いた。

30代/会社員

30代から登録可能なので、同年代の女性を希望。しかし、メールが来る女性はだいたい40代・50代が中心なので、30代女性が少ないと推測します。もっと年齢層割合を均等にしてほしい。

40代/会社員

華の会メールブライダルの会員数は30万人~。とはいっても、年齢層は中高年に集中していて、若い世代はあまりいない。そして地方の会員数が少ない現状がある。リアルに会うことができないのが難点。

40代/会社員

大人の本気で結婚相手を探している人向けサイト。若い世代が少ないので、若い子好きな自分にとっては不満がある。若い世代も登録できて年上男性と真剣に婚活したいと思っている、そんなサイトを望む。

30代/会社員

年下の男性との婚活を望んでいるけれども、このサイトでは年上男性ばかり。身分証明がしっかりしているから登録したが、20代の登録もOKにしてほしい。最近では年上女性カップルも多いし、若い世代から中高年世代まで幅広く対応しているサイトが理想。

上記のような口コミが多くみられ、婚活希望の若年層に弱いと言えるでしょう。40代・50代・60代の中高年層の割合が多い華の会メールブライダルに比べて、マッチ・ドットコムは20代~40代、とくに30代にさしかかるアラサー世代が多く在籍しています。

結婚を真剣に考える点では、30代も50代も一緒ですが、やはり同世代との出会いを求める人にとってはやや年齢層が上になってしまうため、30歳で華の会メールブライダルに登録した人には、若干肩身の狭い思いをするのかもしれません。

女性会員にキャッシュバック制度がある

特徴 華の会メールブライダル マッチ・ドットコム
キャッシュバック制度 女性会員にあり 男女月会費があり、サービス共通

30代/会社員

出会い系・婚活サイトは男女会員とも平等にすべき。女性が無料のサイトは、サクラやポイントバッカーがいそうなイメージ。実際に外で会おうといってもなかなか会ってくれない女性が多い。

50代/会社員

男女の待遇が不公平。キャッシュバック制度は男性会員にも適用されてもよいのではないかと思う。これでは、ポイントのために登録している女性が増える印象が強い。

40代/会社員

女性が無料でポイントキャッシュバック制度がある時点で真剣な出会いは無理な気がする。ポイント稼ぎ目的で女性会員を増やしている感じがして、消極的になってしまう。もちろん中には真剣に出会いを求めている女性もいると思うが、遊び目的で出会うにはマッチしているかもしれない。

40代/会社員

ポイントバッカーがいる時点で、すすめられない。大人向け出会い系サイトとして利用すると、納得できていいかもしれない。男女が平等になるようにともに月額にするなど、運営体制を検討した方がよいかも。

上記のような口コミが多くみられ、女性のキャッシュバックに対しての不満が強いと言えるでしょう。確かに男性会員はポイント制度での利用で費用がかかり、女性にばかり利点があってはあまりよい印象をもたれません。女性会員の増加目的のための対処法かもしれませんが、再度運営体制を見直す必要はありそうです。

また、換金サービスでは、華の会メールブライダルでは女性会員が優遇されています。これは女性会員獲得を目的としていますが、男性会員側としては不公平に感じてしまうかもしれません。ちなみに換金内容は、1,000ポイントをAmazonカード(2,500円)・QUOカード・ギフトカード(各3,000円)に換金可能。

既婚者の可能性も

単純に出会いたい・結婚相手を探している人にとって、独身同士であるのが絶対条件。女性は無料登録である点では誰でも登録できる可能性があります。もしかしたら既婚者で、不倫相手を探している場合もあるでしょう。

もちろん、本格的に婚活をしている人にとってはとても迷惑な話。30歳からの登録ということで大人の出会いが望める一方、40代・50代になってもまだまだ遊びたいという独身貴族もいて、サイト利用の目的は人それぞれです。

見知らぬ多くの人が登録している以上、年齢確認や電話番号確認があっても人妻や既婚者もいる可能性があるので、見極めることが大事でしょう。

男女の比率が悪い

出会い系サイトは、男性が多く女性が少ないのが一般的。華の会メールブライダルも同様に男性7:女性3で、女性会員が少ない分、男性会員の競争率が高くなります。メールを出しても相手にされない、なんてことになりかねません。

年齢層が高く、大人の出会いができるからといっても、中には遊び感覚で登録する人もいるので、自分の趣旨とまったく違う相手と出会えても長続きしないでしょう。そう考えると、男女比も出会い系の大切な要素かもしれません。

華の会メールBridalの使い方・やり方を解説

華の会メールBridalの登録からマッチングまでの基本的な流れやシステム

手順 フロー
ステップ1 各種アカウントから無料会員登録する
ステップ2 個人情報を入力する
ステップ3 電話番号認証をする
ステップ4 年齢確認をする
ステップ5 ポイントを購入して利用スタート

ステップ1:各種アカウントから無料会員登録する

華の会メールBridalは、各種アカウントから無料会員登録することができます。登録可能なアカウントは、Yahoo!JAPAN・Google+・Facebook・Twitter。それぞれアカウントをもっている人はそちらから会員登録しましょう。

登録手続きが自分ではできない場合は、専任スタッフが登録代行をしてくれるサービスもあります。どのように入力したらいいのか迷っている・分からない人は、下記「登録代行専門ダイヤル」に依頼してみましょう。登録代行専用ダイヤル:0120-17-0874

ステップ2:個人情報を入力する

プロフィール欄に携帯番号・メールアドレス・生年月日・地域・身長・血液型などを入力。掲示板に投稿するときはタイトル・内容を入力してください。

ステップ3:電話番号認証をする

登録する本人が本当に存在するのかどうか、なりすまし被害をなくすために、華の会メールBridalでは「電話番号認証」を行っています。「電話認証を開始する」をクリックすると、音声で「確認できました」とアナウンス。

開始ボタンを押すことで自動的につながり、音声アナウンスとともに完了します。電話番号認証が完了しないと、先に進むことができないので、必ず行うようにしてください。

ステップ4:年齢確認する

華の会メールBridalでは、18歳未満の利用を防ぐため、年齢確認制度を導入。確認方法として、「写真つきメール送信」か「FAX送信」のどちらかを選ぶことができます。写真つきメールの場合、携帯カメラで証明書を撮影・送付。

利用可能な証明書は、運転免許証・健康保険証・年金手帳・住民基本台帳カード・パスポート・公的機関発行の年齢が確認できる証明書になります。

ステップ5:ポイントを購入して利用スタート

女性会員は登録・利用ともに無料ですが、男性会員の場合、ポイント購入で利用可能。掲示板投稿・女性投稿メッセージ閲覧・女性プロフィール閲覧・女性の画像閲覧・女性へメール送信・女性からのメール受信・女性からのメールを見るなどで、女性会員と出会うことができます。

華の会メールブライダルのその他の便利な機能

機能 解説
足跡機能 自分のページに興味をもった人が訪れたとき、まるで足跡のようにリアルタイムで履歴に残ります。

SNSでよく見る機能を華の会メールBridalでも起用されているので、足跡を残した相手のページを訪問して、コミュニケーションをとってみましょう。

いいね機能 華の会メールブライダルは、Facebookでも紹介しています。最新の情報などがアップされているので、チェックしてみるとよいでしょう。

賛同できる情報であれば、「いいね!」機能を使うことも可能。サイト情報など登録前にチェックすると失敗なく、ステキな異性と出会えるチャンスも増えるでしょう。

通報機能 華の会メールブライダルのサイト内で出会えた相手から嫌がらせをされたり、不快な思いをしたとき、通報することができます。
ログイン時間表示 華の会メールブライダルでは、現在ログインしている男女会員人数が表示されています。自身がログインしている時間も表示可能。
ブロック機能 メールでのやりとりで、不快な行為をさせられた場合、相手をブロックすることができます。
知り合い非表示 Facebookでは、知り合いの可能性があるユーザーをサイト側が推測して表示されます。煩わしく感じるときは、非表示設定が可能。
お気に入り ちょっと気になる相手会員に対して、あとで連絡がとれるように、お気に入り登録することが可能。
ポイントおみくじ 女性会員は無料ですが、男性会員はポイント制なので、利用するためにポイントは必須。毎日最大で5ポイントが当たるおみくじです。

(一言コメントをしている人・500Pt以上所持・最終ポイント購入から30日以内の人対象)

上記のような機能にユーザーの関心度が強いようです。自分に興味をもってくれた人との一つ一つの出会いを大切にするため、足跡機能はとても好評。また、毎日ログインしてポイントおみくじで当たれば、コツコツポイント貯めもできるので便利です。

華の会メールブライダルの有料会員と無料会員の違い

異なるポイント 無料会員(女性会員) 有料会員(男性会員・ポイント制度)
ポイント数 完全無料 登録時150ポイントゲット。利用のたびにポイント消費されます。
会員比率 全体の3割(比較的、女性会員が少ない。 全体の7割(全体的に男性会員が多いため、お目当ての女性に出会えない確率が高くなる可能性があります。)
利用目的 遊び目的 真剣に出会いを求めている
換金システム

華の会メールブライダルは、男性会員・女性会員で有料・無料の違いがあります。男女とも登録は無料ですが、男性会員はメールのやりとりなどの利用でポイント消費。そのため、有料会員になります。一方、女性会員の場合は登録だけでなく利用もすべて完全無料となるので、男性会員は有料会員、女性会員は無料会員となるのです。

ポイント数

女性会員は登録・利用とも完全無料。一方、男性会員は、登録無料ですがポイント制度になっています。掲示板投稿(10P)メッセージ閲覧(2P)プロフィール閲覧(2P)画像閲覧(6P)メール送信(10P)メール閲覧(2P)など。

男性会員は、登録のときに初回150ポイントゲット。1,500円分相当に該当するので、ステキな出会いのためにお試し感覚で利用してみましょう。

会員比率

華の会メールブライダルは、男女会員の比率が7:3。男性会員の方が多いことから、どうしても出会いに偏りが出てしまう可能性もあります。数名にメールを出しても、なかなか返事をもらえない不満をもっている男性会員も多いかもしれません。

出会い率が低いと、それだけ成婚率も下がってしまうので、出会いの場が広がるように男女会員の比率について、今後課題になってくるでしょう。

利用目的

無料で登録・利用ができる会員は、お金がかからない分、利用目的がややぶれてしまうこともあります。「既婚者だけどちょっと異性と話をしたい」なんて考えている主婦も多いようです。

一方、有料(ポイント制)である男性会員は、利用のたびにお金がかかるため、本気で出会いを求めている、結婚したいと思っている人の利用頻度が高くなります。もともと7:3で会員比率が男性会員の方が多く、真面目に婚活したいと思っている女性が少ないとなれば、婚活率もぐっと下がってしまうかもしれません。

換金システム

男性会員は、利用するためにポイント購入しなければいけませんが、女性会員は完全無料です。この時点でも十分女性会員の方が有利ですが、プラスして換金システムを導入。1,000ポイント貯まると、希望の商品に交換可能です。

1,000ポイントで「amazonギフト券」「商品券」「QUOカード」のいずれかを選んで交換することができます

華の会メールブライダルで出会うための攻略方法やコツ

積極的に自分からプッシュする

30代/会社員

初回登録で150ポイントつくので、これを使って気になる複数の女性にメール送信。数人の人から返事をもらい、その中で気になる女性とやりとりを繰り返すうちに、直接会うことになった。デートの回数を重ねて、プロポーズしたところ、OKをもらい、あきらめモードだったので本当によかった。

40代/自営業

登録したからといって多くの人からメールが届くわけではないと実感。女性会員は無料なので課金を気にせず色んな人にプッシュしていると誤算していました。しかし、実際はそんなことはなく、いくら待っても来ず。自分からプッシュが大切だと切実に思いました。

上記のように自分から積極的にプッシュするとマッチング率が上がるという口コミが多く、待っているだけでは思うような出会いはありません。消極的で今まで出会いがなかったので、このサイトに登録をしたといった理由がある以上、そんな自分とはおさらばして華の会メールブライダルでは積極的に出会いを求めましょう。

プロフィールを充実させる

40代/自営業

見知らぬ相手にメールを送るとき、プロフィールで共通の話題をチェック。でも、カスカスの内容ではどんな人か分からないし、送る気になれない。

40代/会社員

プロフィールが面倒で、空欄が多かった。そのせいか、誰からもアタックがこない。やっぱりプロフィールはとても大事だと思いました。

プロフィールは、サイトでの第一印象になり、自身を伝える顔。履歴書と同様にいい加減に記入してしまうと最悪な結果をもたらします。基本的に記入項目はしっかりすべて回答して、記入もれがないようにしましょう。

基本となる項目は、職業・結婚歴・スタイル・身長・血液型・一言コメントです。選択項目は少なく、他の会員と差をつけるには、自由コメントの記入は大事な要素。自分が希望する相手に出会えるように、自分の印象をよくするために自由コメントをフル活用しましょう。

顔写真つきプロフィールを利用

30代/自営業

プロフィールは自分をPRするためのアイテム。だからこそ顔アップ写真が多いので、表情や雰囲気をつかみやすいです。そのため、写真をアップしている人を中心にチョイス。条件検索で細かく検索できるので、いろんな人を閲覧できて、希望の相手をしぼりこめます。

40代/証券会社勤務

プロフィールは就活でいうところの履歴書。顔写真があるかどうかで合否を左右するとても大切な存在で、婚活でも同様です。顔写真つきは基本中の基本。相手閲覧だけでなく、自身も顔写真つきにすることで、メールが来やすい。

上記のように顔写真つきプロフィールにするとマッチング率が上がるという口コミが多く、表情が見える分、相手会員からの反応もよいようです。登録したけど、なかなかメールをもらえない、返事をもらえないという人は積極的に顔写真をアップしましょう。

もちろん、アップする写真選びは重要。きついイメージをもたれないように、やわらかい印象の笑顔がキュートな写真選びを心がけましょう。

自慢話ばかり書かない

30代/会社員

メールでやりとりを始めた男性がいます。最初のうちは楽しくやりとりをしていたのですが、「若いころはモテていた

とか自慢話ばかり。過去の女性遍歴について話す必要はないと思ってやりとりやめようと思います。]

30代/会社員

何とか自分をアピールしようと思って、背伸びする気持ちはわかるけど、自分の話ばかりしてくる人はちょっと敬遠。私の話も聞いてほしいし。

プロフィールは自分をアピールするためのアイテムですが、あまり出すぎてしまうのも難点。そもそも日本人は謙遜的な人種であり、自分アピールの度合いが過ぎてしまうと、かえって引かれるおそれがあります。

とはいってもうそを書いていいわけではなく、正直な気持ちを抑えめに、しかしポイント・ポイントで自分を端的にPRするようにしましょう。ながながと書くのは相手を疲れさせてしまうので、要点をしっかりまとめた上で短めに書くことがポイント

キャッシュバッカーかどうか判断する

30代/会社員

女性会員は登録も利用も無料。そして、ポイントゲットできるチャンスがあることからもキャッシュバッカーがいるかもしれない。「会いたい」といってもはぐらかされてしまうのはその可能性大

40代/専門職

男性会員はメールでやりとりするたびにポイント消費。女性会員は無料だからキャッシュバッカー会員も絶対いるはずです。なかなか会ってくれないし、ポイントばかり消費されてしまうから、思い切ってブロックが鉄則でしょう。

上記のようにキャッシュバッカーかどうか見極めることで、マッチング率が上がるという口コミが多く、ポイント制で不利な条件にある男性会員にとって有利に働きます。できるだけ費用をかけずに理想の相手に出会うためには見極める判断力も必須

サイト内のメールでのつながりばかりで、「会おう」といってもなかなか会ってくれないようなときは切り捨てる勇気も大切です。

飲み友・趣味友目的で探す

30代/自営業

親の事業を継いで、出会いもないままに30代。このまま結婚せずに終わってしまうのかなと思ったらすごく寂しくなりました。とはいっても「結婚」となると結構プレッシャーに感じてしまいます。華の会メールブライダルでは、いきなり結婚ではなく、飲み友や趣味友から付き合うことができるので気が楽。

30代/OL

結婚というとすごく改まった気持ちで、いい出会いがないと落ちこんでしまうけど、出会い系サイトのように友達を募集するような気持ちだととても気楽に探せて便利。そこからの進展次第で恋人にもなれるから、まずは友達から始めてみるとよいかも。

上記のようにいきなり「結婚」というとハードルが高いという口コミが多く、友達からのスタートが可能な華の会メールブライダルはとても魅力的に感じている人も多いようです。

せっかくの出会いを見逃さないためにも、まずは友達として気軽に出会い、そこから恋人・結婚相手として進展していく形が理想といえるでしょう。

プロフィール検索で新人をターゲットに

30代/会社員

登録したばかりの人は、今出会いたいと思っているので、出会いに対して積極的。それにまだ登録したばかりで相手を見つけていないので返信をもらえる可能性が高い。

華の会メールブライダルは、登録したばかりの会員のプロフィールに「新人」マークがつきます。そのため、他の会員が一目で初めて登録した人と分かる仕組みになっているのです。登録したばかりの人はまだ出会いがない可能性が高く、出会えるチャンスが広がるでしょう。

すぐに返信をもらいたいのであれば、新人をターゲットにするのはねらい目かもしれません。といってもプロフィール内容でまったく趣味が合わない人にメールを出しても、会話が続かない可能性が。

そのため、相手のプロフィールをしっかり確認した上で、話をしたい相手にメールを送るようにしましょう。

分からないことは専用スタッフに頼む

30代/会社員

登録の仕方が分からずに諦めていたところ、専任スタッフが親切に登録手続きを代行してくれた。普段あまりネットを利用しない人間にとってはうれしい対応。

60代/OL

普段あまりネットを利用しない世代なので、こういうサービスがあるのはうれしい。華の会メールブライダルは中高年が多いことからも、代行スタッフの存在はとても重要だと思う。

上記のようにネットにうとい人にとって、専任代行スタッフの存在はありがたいと感じている人が多いようです。中高年中心の婚活サイトだからこそのサービスであり、不安なく利用することができるでしょう。

中高年が多い婚活サイトはそう多くないので、利用したくても登録方法が分からずに、諦めてしまっている人も多いので、これを機会に登録をしながら、メールからの出会いを楽しんでください。

華の会メールブライダルの退会・解約方法

ステップ1:マイページ下の退会から手続き

華の会メールブライダルに登録したものの、出会いがない、思うような相手が見つからないなど、自分とはちょっと違うと感じたら退会・解約手続きが可能。退会のしかたはとてもシンプルで簡単です。

華の会メールブライダルにログインすると、マイページの下に「退会」の文字があるのでクリック。ここから退会手続きをすることができます。

ステップ2:メールだけ一時的に止める

華の会メールブライダルの退会手続きはとても簡単ですが、今は利用しなくても、また期間が空くと利用してみたいと思うかもしれません。そんなときに便利なのが、「メールを今すぐ止める」ボタン

解約せずに会員状態をキープしたまま、華の会メールブライダルからのメールを受信しないようにする設定です。

ステップ3:会員のまま一時的にメール受信停止

すぐに退会するのではなく、会員状態のまま、メール受信だけを停止したい場合は、退会手続き同様のページから設定可能。会員状態をキープしたい理由として、保有ポイントがあります。

せっかくたまっているポイントも、退会してしまうと失効するため、ここは一時保留にするのです。条件は年齢確認済みの人で、180日以内に再登録をすること。この条件で再度利用するときに今までのポイントを引き継いだまま利用することができます

ステップ4:退会せずに幽霊会員に

退会せずにお知らせメールを停止する方法は、トップページから行います。「お知らせメール停止・変更」をクリック。お知らせメールは3種類あります。「お気に入り通知・同地域に異性が新規登録したとき」「異性からのメール」「サービスポイント・サイトメールの受信」

3つともメールを受け取らない設定にします。これで退会せずにメールなどの機能は停止した状態の「幽霊会員」になれます。

ステップ5:強制退会される場合も

自己判断による退会ではなく、サイト側から強制退会されることもあります。たとえば、登録内容にうそがばれた場合(電話番号が変わっても変更手続きがされていないなど)は強制退会の可能性大。

また、華の会メールブライダルでは、日記機能があり、日ごろのできごとなどを書き記すことができます。コメントで誹謗中傷したり、サイトの営業妨害をするような行為は、一発強制退会になるので書きこみには十分注意してください。

華の会メールブライダルに関するよくあるQ&A

【華の会メールブライダルQ&A】既婚者でも登録可能なのか

華の会メールブライダルでは、基本、既婚者も登録・利用可能。結婚はしているけど、他の異性と出会いたいといった人にぴったりのサイトでしょう。ただし、セフレ相手や不倫相手募集を助長してしまうおそれがあります。

家庭内トラブルなどが起こってしまっては、出会いどころではありません。男女の出会いは自由ですが、大人・社会人としての認識をもち、社会的マナーにそった出会いを求めるための利用を心がけてください。

もしも配偶者とのトラブルでいざこざになっても、華の会メールブライダルでは一切責任をもたないので、自己責任のもと、健全な出会いに努めましょう。

【華の会メールブライダルQ&A】中年・中高年でも出会えるか

出会いサイトは若い世代が多く、年齢を重ねた世代にとってはなかなか出会えないのが現状。しかし、華の会メールブライダルでは、30歳以上(身分確認済み)の男女限定サイトなので、中年・中高年が多いです。

むしろ中年・中高年が出会いやすいサイトとして注目されています。今まで年齢がネックになってなかなかいい人に出会えない・若い人ばかりで話が合わないなど悩んでいた人におすすめ。

【華の会メールブライダルQ&A】再登録はできるか

華の会メールブライダルは、一度退会しても再登録が可能。登録しても思うような出会いにめぐりあえなかったなどの理由で退会・解約ができます。しかし、そのあとでまた入りたいと思う人もいるでしょう。

そんな人のために、華の会メールブライダルHPには、「再登録」が可能です。初回登録と同様にまずは携帯電話番号認証・年齢確認・必要書類記入で新たに入会・ステキな出会いを探すことができます。

そのときはサイトのイメージが悪くても、時間がたつにつれて状況や気持ちが違ってくるかもしれないので、再登録ができるのはうれしいシステムといえるでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】業者・サクラはいるのか

完全にいないとはいいきれず、どの出会い系サイトでもサクラ・業者・なりすましは存在します。登録費が無料という時点で、どんな人でも登録しやすい環境はそういった相手も存在するということを頭にいれておきましょう。

だまされたと思う前に、「出会い系サイト」はそのようなものだと思って利用するしかありません。ただし、30歳以上が対象と年齢層が高い華の会メールブライダルは、婚活サイトで出会い系サイトよりも本人確認がしっかりととれています

登録のときに年齢確認とともに電話番号認証も行うため、年齢が気になって出会いに消極的という人は利用してみるとよいでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】クーポンはあるのか

男性会員は、登録のときに1,500ポイントゲット。女性会員は登録・利用が無料なのでとくにポイント購入は必要なく、男性はポイントを買って女性との交流に利用するシステムとなります。

そのため、初回の1,500ポイントはとてもうれしいクーポンといえるでしょう。とはいっても早めに希望の相手と出会えるとよいですが、なかなか出会えず、ポイントばかり消費してしまうと課金も増えて、支払いが大変。うまく知り合うことが、ポイントをあまり使わずに出会えるコツでしょう。

男性会員が消費するポイントは、掲示板投稿10P・投稿メッセージ閲覧2P・プロフィール閲覧2P・画像閲覧6P・メール送信10P・メール閲覧2P・送信既読チェック25Pとなっているので登録時のプレゼントポイントをうまく利用してください。

【華の会メールブライダルQ&A】女性のキャッシュバックとは

女性会員がサイト内でメールのやりとりをすることで、ポイントがたまるシステム。たまったポイントは現金化できるので女性にとってはうれしいサービスといえるでしょう。逆に男性会員にとってはあまりよりよいシステムとはいえません。

これは華の会メールブライダルだけに限らず、出会い系サイトでよく見られるのですが、ポイントを目的に登録する女性会員が増えないような対策をとるべきでしょう。現在、華の会メールブライダルではサクラなどは確認されていません。

しかし、今後の課題として、出会い系・婚活サイトのシステムをもう一度見直す必要がありそうです。多少なりとも男女会員が平等に登録費や月会費などを支払う有料システムにする方が真剣に出会いを求める会員を集えるでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】登録・お知らせメールが届かない

華の会メールブライダルに登録すると、登録完了メールやお知らせメールが届きます。しかし、いくら待っても届かない場合、メール設定が間違っている可能性も。「hana-mail.jp」が受信できるように、自身のメールアドレスを確認ください。

また、パソコンメールアドレスの場合、迷惑フォルダなどに移動してしまっていることもあるので、各フォルダのチェックも忘れずに行いましょう。

【華の会メールブライダルQ&A】個人情報が漏れるか

登録したメールアドレスなどの個人情報はしっかり管理されているので、華の会メールブライダルとは関係のないサイトから広告メールがくるようなことはありません。個人情報が漏れると、別の出会い系サイトからの勧誘メールが届くことがあります。

見覚えのないメールをうっかり開いてしまうと、後日架空請求されるおそれがあるので、注意が必要です。その点、華の会メールブライダルでは、そういった心配がないので、安心して大人の出会いを楽しむことができるでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】悪徳業者はいるのか

男性会員はポイント制で有料なのに対して、女性会員は無料なのでどうしてもフリをして近づいてくる悪徳業者もいるでしょう。必ずしもそうとは断定できませんが、用心に越したことはありません。

突然メールが送られてきて、URLをクリックしたら架空請求された、なんてことにならないように、また、個人情報を聞かれても絶対に応えないようにすることがポイントです。

【華の会メールブライダルQ&A】写真詐欺はあるのか

相手のことがまったく分からないので、参考にするのがプロフィール。写真つきだと相手の表情などが分かりやすく、アポイントとりやすくなります。とはいっても、最近では写真自体をアプリで加工してしまう時代。

まったく別人になってしまったのでは意味がありません。その点、華の会メールブライダルではわりとシンプル写真をアップしている女性が多いのがポイントです。年齢層が上で落ちついているので、写真詐欺をする傾向は少ないでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】どんな人に向いているのか

せっかく登録しても、サイトの雰囲気が合っていないとすぐに退会することになります。事前に婚活サイトの趣旨や向いている人を把握しておいた方がよいでしょう。華の会メールブライダルは、年齢層が高いので、大人の出会い目的の人にぴったり

男女会員平等ではなく、女性は登録・利用ともに無料のことから、遊び感覚で登録する人がいる可能性も否めません。真剣な出会いを求めるのであれば、男女会員ともに月会費などがあるサイトの方が信頼できるでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】実際に会えるのか

男性が登録すると、メールのやりとりが始まりますが、プロフィールなどマッチングした相手と何回かメールをして、いざ会おうとなるでしょう。そのときに実際に会える確率は、そう高くないかもしれません

会おうとなってもドタキャンも多いといった口コミも多く、やはり女性会員は無料で利用できるという点からポイント稼ぎ目的の可能性もあります。もちろん、真剣に出会いを求めている女性もいるので、見極める必要があるでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】年齢確認に必要な書類とは

華の会メールブランドが安全なサイトであるという証拠は、年齢確認をしっかり行い、身分がはっきりしていることです。登録のときに年齢確認のために必要な書類を提出します。

女性は無料登録・利用できるので、年齢確認には「免許証か保険証の写メール送信」がおすすめ。男性の年齢確認は「クレジットカード決済認証」が推奨されます。男性会員はポイント制度になっているので、クレジットカードで登録することで利用するたびに即決済ができて便利です。

クレジットカード決済代行会社を経由しての決済のため、華の会メールブライダルにはクレジット情報や個人情報は一切伝わりません。そのため、安心して利用することができます。

【華の会メールブライダルQ&A】女性の登録方法について

まず華の会メールブライダルのトップページより「無料登録はこちら」から入り、必要事項を入力。携帯電話確認をして完了になります。女性会員は無料になっていますが、二重登録・不正登録防止のために男女とも電話登録が必須です。

電話番号が分かってしまうことで、業者などから電話がかかってくることはないので安心して利用してください。また、年齢確認も必要。女性は無料なのでクレジットカードではなく免許証か保険証の写メールを送るだけでOKです。

男性会員と違ってポイントを購入する必要がないので、クレジット決済では損をしてしまうため、免許証・保険証を準備してください。

【華の会メールブライダルQ&A】クレジットカード情報が悪用されないか

華の会メールブライダルに登録するときに、入力したクレジットカード情報が悪用されるのではないかと不安に感じる人もいるでしょう。しかし、クレジットカード決済は代行会社が行うので、華の会メールブライダルには情報がもれることがありません

多くの人が利用しているネットショッピングと同様の安全レベルであるとイメージしてください。普段からネットショッピングを利用している人にとっては、クレジット決済はとても便利なシステムといえるでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】華の会メールブライダルから迷惑メールがくる

華の会メールブライダルに登録すると大量の迷惑メールがくると思っている人もいますが、実際はそういったことはありません。そのため、もしも華の会メールブライダルに登録した時期に迷惑メールが届いた場合は、別の理由が考えられるでしょう。

たとえば、同時期に別の出会い系サイトに登録をした可能性もあります。自分ではそういった認識がなくても、気がつかないうちにサイトにアクセスして登録してしまったのかもしれません。

ただし、華の会メールブライダルは登録したときに「新規会員登録者のお知らせ」を配信希望者に送信します。送られたくない場合は、会員ページより停止設定をすれば一切届きません。

【華の会メールブライダルQ&A】華の会メールブライダルの大型看板が設置してある場所はどこか

華の会メールブライダルは、看板などを利用して宣伝を行っています。大型看板が設置された場所は「東京駅八重洲口前」・「新橋駅前」・「五反田駅横」。ビル上の看板なのでかなり大型になり、目立ちます。

期間限定キャンペーン中は、「華の会メールブライダル看板」を撮影して華の会メールブライダル事務所まで写メすると、1,000円分のポイント付与。男性会員はポイント制になっているので、1,000円分のポイントはかなりうれしいサービスといえるでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】PC・スマホ・ガラケー対応できるか

華の会メールブライダルは、パソコンだけでなくスマホやガラケーにも対応。出先などでも手軽に閲覧やメールのやりとりができます。パソコンだけではどうしても自宅のみに限定され、リアルタイムな出会いを見逃してしまうかもしれません。

仕事や学業の空き時間を利用して、こまめにチェックしたりメールを送ったりすることができるので、大切な出会いをしっかりサポートしてくれるのです。華の会メールブライダルは年齢層が高いので、ガラケーしかもっていないという人でも安心して利用できて便利。

出先で、スマホ・ガラケーを利用してサッと内容をチェックして、帰宅してからパソコンでゆっくりメールチェックや交換をしあうなど、自分なりの婚活をスタートできます。

【華の会メールブライダルQ&A】電話番号・メルアド交換できるか

華の会メールブライダルは、サイトのメール内で自由に会話を楽しむことができます。しかし本来の目的は結婚相手を見つけること。そのままずっとサイトメール内で終わってしまうのでは意味がありません。

個人同士のメールの中であれば、自由に電話番号・メールアドレスを交換することができます。たとえ電話番号やメールアドレスを書いたからといってその分課金されることはありません。

ただし、そのあとにトラブルになっても華の会メールブライダルでは責任をもちませんので、自己責任としてしっかり相手を見極めたうえで電話番号・メールアドレス交換をしてください。

【華の会メールブライダルQ&A】架空請求は来ないか

実際に華の会メールブライダルを利用している人の声を聞くと、クレジットカード決済で、電話・メール・クレジットカードによる詐欺・不正行為は今までないようです。

クレジットカード決済においては、クレジットカード代行会社を利用していることで、情報が洩れる心配がなく、安心して婚活をスタートできるでしょう。

【華の会メールブライダルQ&A】他のサイトと同時登録されないか

華の会メールブライダルでは他サイトと同時登録するようなことは一切ありません。出会いサイトの特徴の一つに、登録と同時に別のサイトにも登録されてしまう場合があります。

登録したのは自己責任としても、知らない別の出会いサイトに登録されてしまうのは不本意でしょう。同時登録をすることによって迷惑メールが大量に届くのはわずらわしいものです。

華の会メールブライダルを実際に利用している人に聞いても、「今まで他サイトからのメール配信は一切ない」と語っているので問題ないでしょう。

結婚に消極的な人こそ登録・利用してみよう

婚活したいと思っても、自力ではどうにもならない人も多いでしょう。そんな人にぴったりなのが「華の会メールブライダル」。30代~70代と幅広い年齢層で、真剣に結婚がしたい人のための出会いの場を提供しています。

登録は無料なので、手軽に利用できる点でも、年齢的に結婚に消極的になっている人は一度、華の会メールブライダルを試してみてください。