ブライダルネットの基礎情報

東京証券取引所市場第一部に上場している株式会社IBJが運営している老舗の婚活サイトブライダルネット。IBJは結婚相談所(IBJメンバーズ)など婚活支援を行なっている会社で、婚活パーティー(PARTY☆PARTY)や合コンセッティング(Rush)なども行なっています。

恋愛と結婚を真面目に考える婚活サイトブライダルネットは5月のカップル成立数11,100人!毎月カップルの成立数をサイトで発表しており、婚活サイトでは唯一、専任の婚シェルが個別にサポートしてくれる婚活サイトとして評判です。

それでは、ブライダルネットの基礎情報から確認していきましょう。

項目 解説
サービス名  ブライダルネット by IBJ
運営会社  株式会社IBJ (株式会社アイビージェー/IBJ,Inc.)
サービス開始日  2000年
対応デバイス・OS PC、iOS、Android
問い合わせ  vip@bridalnet.co.jp

10:00~18:00 ※日・祝祭日除く

ブライダルネットは、2000年より運営している婚活サイトです。毎月15,000人のカップルが成立しています。結婚相談所の10分の1の料金で結婚相談所のようにサポートしてくれる「婚シェル」が頼りになると評判です。

平成30年5月22日開催の取締役会において、株式会社ミクシィの子会社である株式会社 Diverseの株式を取得し、子会社化することにしたそうです。株式会社 Diverseは婚活サイトユーブライドを運営している会社です。「日本の成婚の3%を IBJ が創出する」ことを目標としているのでこれからもブライダルネットは発展していきそうですね。

ブライダルネットの総合評価

項目 評価 評価
会員数 ★★★☆☆ 40万人
マッチングのしやすさ ★★★★☆ 気になる人がいたら「申し込み」のボタンでアプローチをすることができます。
安全性 ★★★★☆ 特定の相手をブロックしたり、通報したりできるシステムが整っています。
サービスの知名度 ★★★★★ 婚活サイトのなかでは老舗のブライダルネット。運営会社のIBJも上場企業で知名度は高いです。
利用者の婚活・恋活意識 ★★★★★ 男女ともに料金がかかるため、真面目に婚活をしている人が多いです。
コスパの良さ ★★★★★ 3,000円(税抜)

担当婚シェルのサポートがあるのはブライダルネットだけ!

ブライダルネットには、他の婚活サイトにはない「婚シェル」という制度があります。2018年2月より導入されたサービスです。会員ひとりひとりを個別にサポートしてくれるので初めての婚活でもしっかりサポートしてくれるので、本気の婚活にはピッタリのサービスです。ブライダルネットでは男女ともに同料金がかかるので、だからこそ真面目に出会いを探している方が集まるようです。

担当婚シェルがいると、わからないことを相談できるのはもちろん、婚活にはつきものの「婚活疲れ」のときにも背中を押してくれる存在となるでしょう。

今までは有料会員(プラチナメンバー)だけでしたが、2016年11月から無料会員(ビジターメンバー)コースも開始しました。2017年4月までは「半年間でカップルが成立しなければ全額返金してくれる」という全額返金キャンペーンもあっていましたが残念ながら現在は終了しています。

現在は有料会員をメンバー、無料会員をビジターの名称で統一しています。はじめは全員メンバーとして登録され、メンバーから退会するとビジターになります。ビジターは会費は発生せずに、アカウントは保持されます。

ブライダルネットの登録者・利用者

項目 男性 女性
会員数 174,759人(2017年8月) 225,742人(2017年8月)
男女比 44%(2017年8月) 56%(2017年8月)
年齢層 25歳~39歳で7割弱 25歳~39歳で8割
年収 400万円~800万円で約7割

男性の8割が平均年収を超えています。

300万円~600万円で約6割
タイプ
  • 大卒55.9%
  • 半年以内に結婚相手を見つけたい方が86%
  • 男性は、定職に就いていること(学生・パート・アルバイトは、不可)が条件なため定職者のみ
  • メッセージのやり取りが丁寧
  • 大卒52.8%
  • 半年以内に結婚相手を見つけたい方が89%
  • 話しやすい人が多い
  • 真面目な仕事に就いている方も多い

男性の利用者層

20代/OL

他の婚活サイトに比べて20代後半の割合がとても多いように感じました。年収や仕事ではハイスペックな方が多いのでステータス重視の方にはおすすめです。

30代/保育士

何人かの人とメッセージのやりとりをしたけど、みんな丁寧に返信してくれて真剣な方ばかりで安心しました。友人にも勧めたいと思います。

30代/企画

安定した収入があり、落ち着いた人が多く婚活も真剣なのが伝わります。

40代/OL

40代になると登録者が少なく、同世代の男性と出会うのは難しかった。

20代/OL

男性は20代後半~30代の人がほとんどです。20代前半の男性は少ないです。

以上のように、男性は20代後半〜30代の方が多いとの口コミが多くみられました。婚活に真剣な男性が多く、86%の方は半年以内に結婚相手を見つけたいと思っているそうです。男性は、定職に就いていること(学生・パート・アルバイトは、不可)を条件としています。そのためか400万円~800万円で約7割とハイスペックな男性が多いです。公式サイトでも大卒の方が55.9%で上場企業社員、公務員、有資格者、経営者など一定の仕事と収入のある方が多いと発表されていました。

女性の利用者層

20代/会社員text=30歳前後の女性が圧倒的に多いです。

30代/会社員text=女医さんや研究職の方など、結婚相談所にしかいないのかなと思っていたような人に出会いました。

30代/教員text=男性も女性もお金を払うので、真剣な人が多いと思います。

30代/営業=何人かの女性に会いましたが、みんな話しやすく、交際に発展しやすいです。

30代/会社員text=女性は30〜40歳くらいが多いです。50代の方も少しいます。

以上のように、20〜30代の女性が多いとの口コミが多くみられました。特に、20代~30歳前後の女性は人気が高いそうです。半年以内に結婚相手を見つけたい方が89%と真剣に婚活に取り組む方が多いのも特徴です。公式サイトでも、大卒の方は52%いて、医療関係や乗務員などの女性が多い職場の方や、家事手伝いの方、職場ではないところで恋愛、結婚をしたいと考えている会社員の方が多いと発表されていました。

ブライダルネットの料金・キャンペーン情報・支払い方法

それでは、気になるブライダルネットの料金・キャンペーン情報・支払い方法をみてみましょう。

項目 解説
月額 月会費 3,240円(税込)年払いなし
課金 なし
キャンペーン情報
  • 入会キャンペーンは現在行われていません。
  • 以前行われていたキャンペーンは、2017年10月27日~31日の5日間で無料会員全員に対し、5日間以内に有料会員に登録し、2ヶ月以上ブライダルネットを利用すると初月の月会費が無料になるというキャンペーンが行われていました。
  • 成婚・婚約報告カップルにAmazonギフト券1,000分プレゼント
  • 婚約・入籍報告に本社に来てインタビューを受けると3万円プレゼント
支払い方法 ・クレジットカード

<利用不可カード>
ダイナースカード、NICOSカード(国内専用カード)、oricoカード(国内専用カード)

・NP後払い

コンビニ、郵便局、銀行で後払いする方法です。

※利用可能なコンビニ
セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/デイリーヤマザキ/ ココストア/コミュニティ・ストア/サークルKサンクス/ スリーエフ/セイコーマート/セーブオン/ポプラ/ミニストップ

現在ブライダルネットの料金は月会費3,240円(税込)のみです。2017年8月のリニューアルで、それまで行われていた年払いは廃止されました。2013年以前は入会金が1万円でしたが、現在は入会金等など他に課金することもありません。以前はクレジットカートのみの支払いでしたが、2017年10月よりNP後払いも導入されました。NP後払いは利用する際に与信があります。氏名、住所、今までの支払い状況などによって審査されるので、住所が確かな人に限られます。

2018年6月23日に料金改定のニュースがリリースされました。7月4日より3,980円(税込)に値上がりします。7月4日以降の新規会員に適用されますので、既存会員の方は旧料金で継続します。

口コミからわかるブライダルネットのメリットとデメリット

項目 解説
メリット
  • 本人確認が確実に行われている
  • 日記・コミュニティの機能で出会いのチャンスを増やすことができる
  • メリットを端的に記入
デメリット
  • 会員数が少ない
  • 婚シェルの対応が遅い
  • 会う前に連絡先を交換しないといけない

ブライダルネットのメリット、デメリットを確認しましょう。

口コミからわかるブライダルネットのメリットや特徴

入会審査がしっかりしていて本人確認100%!

特徴 ブライダルネット ユーブライド
本人確認 本人確認必須 年齢確認必須 本人確認は任意

40代/証券会社勤務

会員登録をしても、本人確認がすまなければ相手のプロフィールを見ることができませんが、スマホで撮影して送るだけなので思ったより簡単です。

20代/OL

ブライダルネットは登録するときに基本情報を入力した後に、クレジットカードで認証を行うので、身元がしっかりとした人しか利用できないので、私はとても安心できました。

20代/OL

週末に利用を開始しようと思ったら、平日まで審査してもらえないのが不便でした。

上記のような口コミが多くみられ、本人確認を確実に行なっていると言えるでしょう。登録を行なったあとに本人証明を提出しなければ、プロフィールを見ることができない、メッセージの交換ができないなどの制限があります。写真も婚シェルがしっかり確認してからの掲載になるので安心です。そのため平日しか審査をしてもらえない、差し替えるときに婚シェルへの連絡が必要ですが、セキュリティ面では安心といえるでしょう。2017年8月のリニューアルで証明書が本人確認のみになりました。以前はあった年収、勤務先、学歴、独身証明書の提出が廃止されました。

【本人証明を提出したメンバーのみ利用できる機能】

・メッセージ交換/日記の投稿、コメント/コミュニティでのトピックの投稿、コメント

日記・コミュニティの機能で出会いのチャンスを増やすことができる

特徴 ブライダルネット ユーブライド
交流の方法 日記・コミュニティ つぶやき

20代/OL

思ったより日記は書いている人がとても多く、読んでくれる人もいるので出会いのチャンスは増やすには便利な機能だと思います。

20代/OL

日記を投稿するとコメントがいっぱいきて、そこからメッセージのやり取りが始まったこともあります。

20代/OL

日記でプロフィールでは伝わらない人柄がわかり、興味がわくことがあります。

20代/OL

他の婚活サイトと比べると日記やコミュニティで相手に知ってもらうことができる場が多いのでマッチング率が上がります。

上記のような口コミが多くみられ、日記・コミュニティの機能で出会いのチャンスを増やすことができると言えるでしょう。ブライダルネットには、日記と、コミュニティの機能があり、プロフィールだけでは分からない、相手のライフスタイルを知ることができ、活用することでマッチングの確率が1.7倍もアップするそうです。

婚シェルが個別に婚活をサポート!

特徴 ブライダルネット ユーブライド
専門スタッフの個別サポート ×

20代/OL

婚シェルがいるおかげでサイトが使いやすく、サポートも心強いです。

30代/会社員

ドタキャンされたときなど、婚シェルに愚痴を聞いてもらって励ましてもらえたのがよかったです。

20代/OL

婚シェルが婚活や恋愛のテクニックを教えてくれるので参考になります。

上記のような口コミが多くみられ、婚シェルが個別にサポートをしてくれる制度は心強いと言えるでしょう。2017年に一旦、打ち切りになった婚シェルサポートですが、担当制になり、新たに2018年2月にスタートしました。結婚相談所と同じサポートを10分の1の価格で利用できるの他の婚活サイトにはないサポートシステムといえるでしょう。

【婚シェルサポート内容】

・プロフィールの添削/プロフィール写真の撮影会/活動中のアドバイス/オフ会で共通の趣味を持つ方との出会いをサポート/チャットで気軽に婚シェルへ相談!

婚シェル1人当たりが担当する会員の人数も限定しているため、婚シェルの人数も大幅に増員し、相談をチャットで受けることが可能になりました。

・どうしたらマッチングの確率を上げられる?
・マッチング後のメールはどのようなものを送ればいいのか?
・初デートのお店はどこがいいのか?
・デートしても2回目につながらないのは何故?

など、婚活を行う上でのちょっとした相談にものってくれます。

コミュニティを通したオフ会を開催!

特徴 ブライダルネット ユーブライド
オフ会 ×

ブライダルネットは、有料会員へ向けた「オフ会」を、2018年4月より本格的にスタートしました。始まったばかりなので口コミを見つけることはできませんでした。共通の趣味をもつ方々が集まるコミュニティを通し、サイト上だけでない出会いを生み出しています。コミュニテイのメンバーのみでのオフ会のため、参加者同士でも会話が弾みやすく、初めから1対1で会うには抵抗がある方にもおすすめです。

今後も、定期的にオフ会が開催することが決定しているので、ぜひコミュニティに参加しましょう。

【今まで行われたオフ会 2018年】

4/22(日)映画好きコミュニティ編 「映画話が止まらない!映画好きによる映画好きのためのオフ会!」

5/12(土)読書・マンガ好きコミュニティ編 「読書好きにはたまらない?!ブックカフェをまるごと貸切りオフ会!」

5/27(土)写真・カメラ好きコミュニティ編 「カメラ初心者歓迎!写真を撮りながら出会うオフ会!」

7/9(月)9:30〜 朝活オフ会 「ボランティア活動 原宿でのごみ拾い」

婚活パーティーよりも趣味が同じコミュニティのオフ会は気軽に参加できそうですね。もちろんオフ会中は婚シェルがしっかりサポートしてくれ、連絡先の交換も自由なので、異性の方だけでなく、ブライダルネットを利用している同性の方とも仲良くなれる機会となっています。

口コミからわかるブライダルネットのデメリットや弱み

会員数が少ない

特徴 ブライダルネット ユーブライド
会員数 40万人 160万人

20代/OL

証明書を出してる人は多いですが、会員は少ないです。

40代/証券会社勤務

他の婚活サイトに比べると会員数は少なく感じます。

30代/会社員

全体的な会員は他のサイトに比べると少ないけど、女性の方が多いのでこれからの活動が楽しみです。

上記のような口コミがみられ、会員数は他の婚活サイトと比べ少ないと言えるでしょう。しかしながら、40万人の会員数で17.6万人が男性、22.4万人が女性なので、出会いのチャンスは大いにあるといえます。

地方会員が少ない

特徴 ブライダルネット ユーブライド
地方会員が少ない

30代/会社員

地方会員は少ないですね。。。

30代/営業

女性会員は関東が圧倒的に多いです。

30代/薬剤師

田舎だと男性の会員は少なかったです。

上記のような口コミがみられ、地方会員が少ないと言えるでしょう。しかし、人口に比例するようで、ユーブライドでも地方会員は少ないという口コミがありました。ブライダルネットで女性をおためし検索したところ、関東では98,000人。四国では最も少なく690人でした。男性は関東75,000人、四国が最も少なく770人でした。四国の会員の方は少ないと感じてしまう方もいるかもしれませんね。

婚シェルの対応が遅い

特徴 ブライダルネット ユーブライド
営業時間 10:00~18:00 ※日・祝祭日除く 24時間365日

20代/OL

婚コンシェルは便利なサービスですが、質問してから回答までが遅く感じます。

30代/看護師

写真の差し替えも婚コンシェルに連絡しないといけないので面倒。でも、セキュリティの面で考えるといいのでしょうね。

40代/会社員

日祝日が休みなので、本人確認も平日のみ。仕事してると不便です。

上記のような口コミがみられ、時間帯によっては婚シェルの対応が遅くなると言えるでしょう。営業時間が10:00~18:00となっており、24時間体制で受け付けてくれるところと比べると遅く感じてしまうかもしれません。写真の掲載も営業時間に審査されるので、連休が続くとさらに待ち遠しくなってしまうでしょう。

証明書は本人証明のみ

特徴 ブライダルネット ユーブライド
証明書 本人証明のみ 収入証明、資格証明、学歴証明、独身証明

20代/OL

証明書の提出が本人証明だけになったので、少し不安です。独身証明書くらいは確認してくれたほうが安心できます。

上記のような口コミがみられ、本人証明だけでは不安な方もいるようです。ブライダルネットでは2017年8月のリニューアルに伴い、証明書が本人証明のみになりました。ユーブライドでは、本人証明の他に収入証明、資格証明、学歴証明、独身証明など提出でき、証明書を提出するとプロフィールに証明を提出しているマークがつきます。婚活サイトとしては、独身証明書は確認してほしいところです。証明書を提出していても、変更があっても再登録がなかったりするようで、その問い合わせも多く思い切って廃止にしたようです。

会う前に連絡先を交換しないといけない雰囲気

特徴 ブライダルネット ユーブライド
連絡先交換 メッセージ交換3往復すると連絡先の交換が可能 規定はなし

20代/OL

会う前に直接連絡先を交換しなければならないので、私のように会ってから連絡先を交換するか考えたい人には不便に感じるシステムです。

上記のような口コミがみられ、会う前に連絡先を交換したくない人にはデメリットと言えるでしょう。気になる相手が見つかり、「申込み」が成立すると「メッセージ交換」ができるようになります。3往復のメッセージが完了すると(同時に24時間以上経過が条件)、なかよしステージとなり連絡先の交換が可能になります。なかよしステージは無期限なので、以前の7日間以内に連絡先を交換しなければならないときよりプレッシャーはなくなったと思います。

連絡先をどのタイミングで聞けばいいかわからない人にとっては交換する理由ができるのでいいかもしれません。しかし、会ってから今後付き合うか決めたいので、それから連絡先を交換したいと考えている人にとっては悩ましいシステムかもしれません。

ブライダルネットの使い方・やり方を解説

ブライダルネットの登録からマッチングまでの基本的な流れやシステム

手順 フロー
ステップ1  会員登録
ステップ2  本人証明書類を提出
ステップ3  プロフィールの作成
ステップ3  気になる相手を検索
ステップ4  「申し込み」でアプローチ
ステップ5  申し込みが成立したら「メッセージ」

ステップ1 会員登録

「さっそくお相手探しをスタート」のボタンをタップすると、新規メンバーの登録を「メールアドレスではじめる」と「Facebookではじめる」と出てくるので、選択します。ブライダルネットにはスマホアプリがないので、サイトからの登録のみとなります。

【メールアドレスではじめる】

メールアドレスで始める場合は、基本情報、支払い方法を順に入力すると確認ボタンが出てきます。登録は完了です。

【Facebookではじめる】

Facebookのアカウントではじめる場合は、入力する項目が少なくて簡単に登録できます。Facebookアカウントの連携でブライダルネットへ登録すると、Facebookの公開プロフィール、メールアドレス、誕生日、居住地をブライダルネット側へ共有するようになります。あとは残りの情報の入力するだけで登録は完了です。

ログイン状態や活動状況などがFacebookで公開されたり、タイムラインに表示されることはありません。

ステップ2 本人証明書類を提出

登録が終わり、「本人証明書類」を提出すれば、すぐに活動がスタートできます。登録が終わり、本人証明を提出し、受理されると、メッセージの交換、日記の投稿・コメント、コミュニティでのトピックの投稿・コメントができるようになります。ブライダルネットでは本人証明を提出したメンバーの方のみなので、安心してやり取りできます。

本人証明書類はログイン後、「マイページ」の「本人証明を提出する」より提出します。運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかをスキャン(カラー)、または撮影した画像を提出します。

ステップ3 プロフィールの作成

自己PRを700文字で記入します。24時間以内に新着メンバーとしてピックアップページに掲載されるので、すぐに記入します。

ステップ4 プロフィール写真をアップ

写真はログイン後、「マイページ」の「カメラアイコン」を選択し「写真を登録・編集する」より提出します。審査は平日の営業時間(10:00~18:00 ※日・祝祭日除く)に行われるます。プロフィール写真はアップしただけでは公開されません。スタッフの審査を受け、公開されます。

登録した写真の掲載をやめたい、別の写真に差し替えたい場合は「お問い合わせ」の「担当婚シェルに連絡する」より担当婚シェルへ連絡します。

ステップ3 気になる相手を検索

ブライダルネットには、年齢や地域さまざまな条件から気になる相手の検索ができます。ブライダルネットには他の婚活サイトと違い、「日記」や「コミュニティ」など、プロフィールだけでは伝わらない内面や人柄をアピールできる機能が充実しています。プロフ検索だけではない、相性を重視して気になる相手を見つけることができます。

ステップ4 「申し込み」でアプローチ

少しでも話したいなと思ったら、積極的に「申込み」をしてアプローチしましょう。

ステップ5 申し込みが成立したら「メッセージ」

申し込みが成立するとマッチングが成立し、メッセージ交換ができるようになります。相手のプロフィールで興味があることや、自分の興味があることなどを話してみましょう。一定数メッセージ交換を行うと、連絡先が交換できるようになります。メッセージや日記でお互いのことをきちんと知ってから、連絡先交換をしましょう。

ブライダルネットのその他の便利な機能

ブライダルネットにはさまざまな機能がありますが、リニューアルによって廃止になった機能もあります。最近のリニューアルは2017年8月30日で、大幅にリニューアルされました。リニューアル後は申込数も1.9倍、マッチング率も1.5倍と増えているので、使いやすくなったようです。ネットでは色々な情報があるため、混乱しないように廃止されたもの、追加されたものをすべてまとめました。

機能 解説
おためし検索 会員登録をしなくても、年齢と住まいからどのくらい自分の希望する地域に会員がいるか、どのような会員がいるかを知ることができます。

写真にはぼかしが入っていますが、なんとなくの雰囲気を知ることができます。

足あと機能 廃止

以前は自分のプロフィールにアクセスがあると「足あと」がつき、まとめて通知がきていましたが、現在は廃止されたのでアクセスした人がわかる機能はありません。

いいね、あいさつ 廃止
いいね、あいさつ→「申込み」 今までいいねをタップしていましたが、現在は「申込み」に変更になっています。

「申込み」に対して返答をすると、「申込み成立」となります。1カ月に100人まで申込みを行うことができます。(2017年8月前は30人まででした。)

気になる 「申込み」を行うよりも気軽に気持ちを伝えることができる「気になる」ボタンがあります。

「気になる」は無料会員でも無制限に利用することができます。「気になる」を自分も相手も押したとしても、メッセージ交換には進みません。

自分に「気になる」ボタン押してくれた人は画面の右上のハートマークより確認することができます。

お気に入り 気になる方をお気に入りにしておくとすぐに相手のプロフィールを見ることができます。
プロフィール 2017年8月よりプロフィール写真の右上に相手との共通点がいくつあるか表示されるようになりました。

以前はあった仕事や価値観、結婚観など入力する項目が減り、簡素化しました。

アバター 廃止
メッセージ メッセージ交換を3往復すると(同時に24時間以上経過が条件)、「なかよしステージ」へ進み連絡先交換が可能になります。連絡先とはLINEやメールアドレスなどブライダルネット以外で連絡を取る手段をさします。

2017年8月〜メッセージで写真も送れるようになりました。以前はあいさつが成立してから7日間以内に連絡先交換を申請して相手がOKだったら交換できるというルールは廃止されました。

日記 日記を書くことでプロフィールだけでは伝えきれない人柄やライフスタイルをアピールしたり、気になる人のことを知れたりします。
コミュニティ コミュニティには2017年8月に追加され、6個まで参加できます。コミュニティに参加することで、共通の興味や価値観を持った相手を探すことがより可能になります。投稿は異性会員にしか表示されません。

2017年10月より同性でもコミュニティ内のコメントが表示されるようになりました。婚シェルがコミュニティリーダーとして交流をサポートしてくれます。写真の投稿も可能になりました。投稿コメントも本人だけでなく全員が閲覧できます。

通報機能 万が一、不適切な投稿内容や有害な会員などを発見したり嫌がらせを受けた場合に通報機能で報告することができます。定期的にサイト内のパトロールも行っており、悪質な会員には注意や警告、場合によっては強制アカウント削除などの措置をとっています。
サブ写真の登録 2017年8月〜サブ写真が2枚から9枚へ増えました。
ブロック設定機能 特定の人からの嫌がらせ、顔見知りがいたときのために、特定の相手からの閲覧をブロックできる機能があります。

ブロック設定をすると、相手はあなたのプロフや日記・コミュニティ投稿を一切閲覧できなくなります。ブロック設定をしていることは相手には通知されません。

双方向マッチ メンバーで写真掲載をしている方限定の機能。

事前に「双方向マッチ」条件を設定しておくと、毎週金曜日にお互いの希望条件がマッチした方のプロフィールが双方同時に送られます。お互いがお互いの条件を満たしている方同士の紹介なので、マッチング率も高いのでぜひ申込みを送ってみましょう。

自身の年齢や年収を非公開に設定している場合には、マッチングの対象外となります。

ログイン時間表示 会員検索やプロフィールの画面に「24時間以内」「3日以内」「1週間以内」「1週間以上」と表示されます。
みんなのマップ 2017年8月廃止
婚シェル相談室 2017年8月廃止

以前あったブライダルネットのアプリは現在はなく、ウェブサイトのみでやり取りをしていましたが、2018年6月10日に有料会員のみ利用できるアプリがリリースされました。

不特定多数の人に写真を公開するには抵抗があるという方もブライダルネットでは、有料会員(メンバー)のみ写真を見ることができるので、安心して活動をすることができます。

ブライダルネットの有料会員と無料会員の違い

ブライダルネットには有料会員(メンバー)と無料会員(ビジター)があります。はじめから無料会員になることはできませんが、有料会員として登録した後、無料会員(ビジター)に変更することができます。

しかし、無料会員(ビジター)はできることが大幅に制限されます。検索の写真にはぼかしが入り、メッセージ交換や連絡先交換もできなくなります。

異なるポイント 無料会員(ビジター) 有料会員(メンバー)
会費 無料 月額3,240円
申込み できるが成立してもメッセージはできない

 

毎月最大100人にアプローチできる

保持できる申込み数は50まで

気になる できる できる
メッセージ交換 できない できる
連絡先交換 できない できる
婚シェルによる個別サポート なし あり
自分のプロフの公開 できる できる
自分のプロフ非公開 できない できる
相手のプロフの閲覧 できる できる
写真の閲覧 できない できる
日記の閲覧・投稿 できない できる
コミュニティ 参加できない 参加できる
双方向マッチ 利用できない 利用できる
サブ写真 9枚 9枚
婚シェル 利用できない 利用できる

「申込み」が付与される

有料会員(メンバー)は「申込み」が付与されます。保持できる「申込み」数の上限は50となります。「申込み」は上限以内であれば翌月以降にも繰り越されます。メンバーから退会した際には抹消されます。

①メンバー登録時/コース更新時に申込み数30の付与
②毎月1日と15日に申込み数20の付与
③サイトへのログインで申込み数1の付与(1日1回限定)

毎日ブライダルネットにログインするだけで、「申込み」が1つ付与されるので、アプローチできる人がひとり増えます。

また、毎日ログインすることでログイン日が新しいプロフィールほど、優先的に検索結果上位へ表示されるので、マッチングの確率も高くなるというメリットもあります。

メッセージ交換・連絡先交換

メッセージ交換は有料会員のみ行うことができます。無料会員で「気になる」を押して、仮に相手から「申込み返し」などの返事が来てマッチングが成立してもメッセージを送信することはできません。

メッセージ交換を3往復かつ、初回メッセージから24時間経過することが条件で、「なかよしステージ」へ進め連絡先交換が可能になります。

メッセージの交換までは、無料会員で充分に利用できますが、実際に相手と会ってみたい場合には有料会員でないと不可能でしょう。

日記

ブライダルネットには他の婚活サイトにはない日記の機能があります。日記の投稿も活発で多くの方が利用されています。プロフィールだけでは伝えきれない人柄やライフスタイルを日記を通してアピールしたり、気になる人のことを知れたりします。

日記を読んで、趣味が合うなと思ったらコメントを送ことができます。コメントを送ることで日記に興味を持った理由などを具体的にアピールすることができます。お互いに「申込み」をしあうと、メッセージ交換ができるようになるので、話題に悩んだときにも日記を話題にすると自然と会話も弾みます。日記の閲覧は異性のものに限られます。

コメントを送るのも躊躇してしまう場合には、ハートマークをタップできるので、いいね!のように活用することもできます。

コミュニティ

有料会員は共通の趣味や、価値観をもった人たちが集まる「コミュニティ」に参加することができます。コミュニティは、1人6個まで参加することができ、プロフィールを検索したときに参加しているコミュニティが表示されます。

コミュニティに参加すると、コミュニティ内での投稿ができるようになります。また、投稿に対してコメントもでき、共通点のある方と出会うことができます。投稿は何度でも行うことが可能です。同じコミュニティ内でも、さらに近い趣味や価値観を持った方と出会うため、積極的にトピックを作成しましょう。

相手のコミュニティの投稿に送ったコメントは編集・削除することはできません。コミュニティへの投稿の編集は可能ですが、削除はできません。投稿後の写真の変更もできません。

【コミュニティ例】

・映画好き/1年以内に結婚したい/アニメ好き/スイーツ大好き/水族館/動物園で癒されたい

コミュニティに参加するだけで、「今度一緒に・・・」という流れができ、誘いやすくなりそうです。公式によると1日に500件の日記の投稿があり、日記を通じた出会いが月に7,500人あるそうです。オフ会の開催もあるので、コミュニティの登録は欠かせません。

ブライダルネットで出会うための攻略方法やコツ

ブライダルネットで出会うための攻略方法やコツをまとめました。

自己PRは始めの言葉で相手の心をつかむ

30代/会社員

無料セミナーで、プロフィールの内容で見られるのは、年齢、写真、年収と続くことやプロフィール写真は8割の女性が笑顔に好感を持つなど具体的に教えてくれとても参考になりました。

30代/会社員

ブライダルネットではプロフィール写真を掲載している人がほとんどでした。

気になる相手を条件検索すると標準では顔写真のみリスト表示されますが、表示方法を切り替えると、自己PR文章の一部(40〜50文字)が表示されます。検索をしているとはじめの文章に「はじめまして。いい出会いがないかと思い登録しました。」などあいさつを入れている人が多いことに気づきます。

それでは、プロフィールをあけてもらえない可能性があるので、「料理が得意です。」「ダイエットしました。」などついプロフィールを開きたくなるような言葉を文章の始めに入れることをおすすめします。多くの顔写真とPRの中、プロフィールを開いてもらわないと申込みにもつながらないので、いかにしてはじめの言葉で相手の心をつかむかはとても大事な戦略です。

会員登録を済ませると、24時間以内に、新着メンバーとしてピックアップページに掲載されるので、登録したらすぐにプロフィールの作成を行います。新着メンバーのときが1番申し込みが多いといっても過言ではありません。ピックアップされるまでにプロフィールを完成させましょう。

多くプロフィールをチェックしている相手にとってどのような書き方が見やすく読みやすいのかを念頭にいれ記入します。その気配りができるのも、ポイントが高いですよね。以前はあったプロフィールの項目の価値観、結婚観を入力する項目がなくなっているので、それを項目に入れておくといいかもしれません。

ブライダルネットで写真を登録している人は9割近く、ブライダルネットでは顔写真の登録審査基準も高いため写真だけで相手のイメージが伝わりやすくなっています。

プロフィールの内容、写真などで迷った場合には婚シェルに相談すれば、出会えるプロフィールを一緒に考えてもらえるので、積極的に相談しましょう。

離婚歴、離婚理由、「こういう人はお断り」という内容を書いている方もいらっしゃいますが、それよりもポジティブな内容にし、一緒に行ってみたいな、一緒に見てみたいななど相手が未来を思い描けるような内容にしたほうが、マッチングにつながりやすいです。

写真はプロフ写真撮影会を利用する

20代/OL

男性の写真は自撮りのアップとかちょっと引いてしまいます。

40代/保育士text=部屋着とか汚い部屋が写っているとそれだけで残念な気持ちになります。

上記のように写真が残念な場合があるという口コミがありました。女性の方は比較的、写真慣れをしている方が多いのですが、男性の場合は写真が残念な場合があります。自撮りのアップ、部屋着、写真の背景が散らかっているなど、ちょっと会いたいと思いにくい写真の方がいます。自撮り写真も見方によってはナルシストに見えます。部屋着や散らかった部屋は生活感が出すぎて夢がもてませんよね…。自分で撮影をするというのは難しいです。

写真も婚シェルがアドバイスしてくれます。また新宿本社と関西支社ではビューティーフォトグラファーというセルフの写真スタジオもあります。TOPページの写真マークをタップすると「プロフ写真撮影会」の項目があるので、タップすると予約ができるようになっています。撮影時間は3分でその間は何枚でも撮ることができます。いい写真をその場で2枚ダウンロードし、ブライダルネットに反映することができます。

新宿や関西から離れた地域の方も婚活用の写真を扱う写真スタジオが全国にあります。料金はかかりますが5,000円〜20,000円前後なのでせひ利用されてはいかがでしょうか。写真を変えるだけで申込みの数が大幅に増えることもあります。

2017年8月よりサブ写真がアップできる写真が2枚から9枚に増えました。メイン写真と比べると公開審査基準も厳しくないので、好きなペットや趣味など人柄がわかるような写真をアップするとよいでしょう。

「気になる」「申込み」を積極的に送る

30代/会社員

なかなか「申込み」を送るには勇気がいります。そんなときに私は「気になる」ボタンを押すようにしています。

40代/OL

新規登録のときには「気になる」「申込み」もいっぱいあったけど、時間が経つとだんだん減ってしまいました。

上記のように「気になる」「申込み」を送るには勇気がいるという口コミもありました。なるべく多くの人と出会うには積極的に利用した方がいいですね。特に、新規会員はピックアップされるので、そのときに「気になる」「申込み」が増えます。徐々に減ってしまうという声もあったので、そのタイミングを逃さないようにしたいです。

日記、コミュニティの活用

検索機能だけではついつい条件に目が行きがちになります。でも、ずっと一緒に生活をしていく相手とは価値観があう人がいいですよね。価値観があう人に出会うための工夫としてブライダルネットでは日記機能、コミュニティがあります。日記もコミュニティもキーワードで検索もできるので、自分と同じ趣味の会員の日記を見ることもできます。

検索条件に当てはまらない人から日記にコメントをもらって、マッチングし、結婚したという話もあるのでぜひ活用しましょう。

ブライダルネットの退会・アカウントの削除の方法

ブライダルネットでは退会手続きを行うと、メンバー(有料会員)利用停止となり、ビジター(無料会員)へ移行されます。ビジター移行後は利用できる機能が制限されます。

アカウント削除とは、ブライダルネットからプロフィールページを削除し、アカウント自体を削除することをいいます。アカウント削除の手続きは、退会後に可能となります。

ステップ1 担当婚シェルに連絡する

ブライダルネットにログイン後、「お問い合わせ」の「担当婚シェルに連絡する」より担当婚シェルへ連絡します。受付時間は10:00~18:00です。メンバー(有料会員)期間満了日の3日前までに連絡します。
例:満了日が1月10日の場合、1月7日23:59までに申出が必要です。

ステップ2 アカウントの削除

無料会員(ビジター)の方はブライダルネットにログイン後、「アカウント削除フォーム」より手続きを行います。アンケートへ回答すると、メールにてアカウント削除完了の案内がきます。

ブライダルネットに関するよくあるQ&A

既婚者でも登録できますか?

男性は20歳以上で定職(学生、フリーター、アルバイトの方は不可)に就いている独身の方、女性も20歳以上の独身の方のみ登録できます。既婚者(内縁関係・同棲中を含む)のメンバー登録はできません。

本人確認のため運転免許証、保険証、パスポートの提出を求めていますが、独身証明書の提出はありません。

再登録はできますか?

再登録はできますが、1度アカウントを削除をされた場合は、証明書類・写真を改めて提出する必要があります。個人情報保護の観点から、提出の証明書類や写真は一定期間経過後、すべて破棄されています。

業者やサクラはいますか?

上場企業ですから、サクラはいません。有料会員が必須のため、業者もいません。サイト内の巡回や通報機能もあり、1通目のメッセージでLINEを聞くような会員がいた場合はすぐ見つかります。写真の掲載基準があり、顔がはっきりと写っていないものや加工した写真の掲載はできません。

相手のプロフィールを見るためには免許証などの本人証明が必要ですが、住所を隠している場合には登録できません。また、登録は本名でローマ字やひらがななど身分証の名前と異なるものは登録できません。

仕事が忙しくなってきたのでしばらくお休みをしたいのですが、できますか?

さまざまな事情で一旦活動をお休みしたい方には「プロフ非公開設定」をおすすめします。プロフ非公開中、プロフィール情報は非表示となり、他のメンバーから閲覧されることはなく、メンバーデータ、活動データは保存され、再度活動を開始する場合にも、メンバー登録やプロフ入力を改めて行う必要はありません。
プロフ非公開設定は、ログイン後、「マイページ」の「各種設定」より「プロフ非公開設定」から設定できます。
【プロフ非公開設定中にできること】
・サイト内の閲覧
・婚シェルメッセージの送受信
・ログアウト【プロフ非公開設定中にできないこと】
・お気に入り、コメント、気になる!、申込み、申受けのアクション
(プロフ非公開中はプロフが表示されないため、申込みなどのリアクションを受けることもありません)
・日記投稿、コミュニティ投稿
・申込みの付与
・会員様同士のメッセージ
・設定変更プロフ非公開設定は、メンバーのみの機能で、会費は発生します。プロフを非公開のまま会員期間を満了した場合、コース期間満了日の翌日に自動更新されます。

ログインできないのですが?

ユーザーID(メールアドレス)とパスワードの入力を5回ミスすると、セキュリティ上ログインが不可能になります。1時間ほど経過すれば、自動解除されるので再度お試しください。それでもログインできない場合は、ブライダルネット事務局まで問合せください。

「次回から自動的にログイン」にチェックをしていても、30日間以上ログインがない場合、ログアウトした状態に戻ります。再度、ユーザーID(メールアドレス)とパスワードを入力し、ログインしてください。

ブライダルネットは20〜30代の婚活におすすめ!

上場している株式会社IBJが運営しているブライダルネットは婚シェルが個別にサポートしてくれるのでオススメのサイトです。IBJは結婚相談所など婚活支援も行なっているので、ノウハウもしっかりしており、結婚につながる恋愛を探している人向きのサイトといえるでしょう。